様々なビジネスで応用可能!役立つ接客の情報総集サイト

接客業だけじゃない!役立つ接客用語とマナー

接客用語の基本はこれでバッチリ!使えるフレーズ用法集

絶対暗記!接客用語の超基本

接客用語は、時と場合に応じて様々な種類があります。
その中でも代表的なものとして挙げられるのが、「5大接客用語」「7大接客用語」「8大接客用語」と呼ばれるものです。

「5大接客用語」とは、「ありがとうございます」「お待たせしました」「いらっしゃいませ」「かしこまりました」「恐れ入ります」の5つの用語を指します。
これらの用語に、「少々お待ちください」「申し訳ございません」の2用語を加えたものが、「7大接客用語」です。
さらに「失礼いたします」を合わせると、「8大接客用語」となります。

これらの接客用語は一見するととてもシンプルですが、普段の接客において頻繁に使うものであり、だからこそしっかりと気持ちをのせて口に出すことが求められます。一語ずつ完全に覚え、自分の職種に応じて適切に使いこなせるよう意識しましょう。

丁寧で優しい言葉遣いを:クッション言葉

満席のレストランでお客様にウェイティングシートへの記入をお願いする際には、どのようにすればよいのでしょうか?

「こちらにお名前をお書きください。」
これは接客用語としては正しいですが、相手に命令をしているイメージを与えてしまい、不快な思いをさせてしまう恐れがあります。
そこで用いたいのがクッション言葉です。これはお客様に何らかのお願いをしたい時に付け加えることで、より丁重な表現を図ろうとする言葉の用法です。
例えば、先ほどの「こちらにお名前をお書きください。」という言葉に対して、文頭に「恐れ入りますが」などの語を付け加えたり、文末を「…お書きいただけますでしょうか?」などの疑問形の表現に改めたりすることでより丁寧な物言いになります。
このようにお客様に優しい印象を与える点で、クッション言葉は非常に重要な役割を果たしているのです。


この記事をシェアする