様々なビジネスで応用可能!役立つ接客の情報総集サイト

接客業だけじゃない!役立つ接客用語とマナー

礼儀作法から言葉遣いまで!正しい接客でイメージアップ

相手がより満足できるような接客を行うためにも、接客マナーは必ず守らなければなりません。 しかし一言で接客マナーといっても、その種類は多様であるため、ケースバイケースで対応することが常に求められます。 ここでは基本的な接客マナーについて確認するとともに、接客でのホスピタリティについて解説します。

まずは形から!接客マナーの基本から応用まで

「接客業」という言葉を聞いて、どのような業種を想像しますか?
たいていの人はコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの小売業やレストランなどの飲食業を想像するかもしれません。
確かに小売業や飲食業は、他の職種に比べてやってくる人、すなわちお客様と接触する機会が非常に多く、接客の礼儀や作法などが最も必要とされる業種であると言えます。
しかし「接客」の本来の意味は「ある場所へ、サービスをうけるためにやってきたお客様を接待し、迎え入れる」ことです。お客様に「迎え入れられた」と感じてもらえなければ「接客した」とは言えませんし、いかなる場所でもお客様をもてなすというのであれば、すべて「接客する」とみなされるわけです。
その意味で、「接客」はいつでも、誰でも、どんな場所でも必要不可欠なスキルであり、私たち全員が身につけるべきスキルでもあると言えるのです。

本サイトでは、必要となる接客マナーや接客用語の基本を詳しく確認していくとともに、よりよい接客を目指す上で役に立つ技法を紹介していきます。
また、接客用語で文法的に間違った使われ方をされていることが多い点に着目し、代表的な誤った用法のフレーズを取り上げ、「なぜ誤っているのか」「どうすれば正しい用法になるのか」といった問いを中心に細かく解説していきます。
接客で必要な用語やマナーは、年齢問わずあらゆる業種で役に立ちます。このサイトが、実際の職場で接客する際に一助となってくれれば幸いです。

接客用語の基本はこれでバッチリ!使えるフレーズ用法集

接客での言葉遣いは基本中の基本です。 正しい話し方を心がけるか否かで、相手の抱く印象は大きく異なります。 また、自分の勤める職場や職種に応じて使うべき接客用語は様々ですが、その中でも日常的に用いるフレーズは多くあります。 基本的な接客用語や、丁寧な接客をするためのテクニックをご紹介します。

その言葉遣い、どこが間違い?誤用となる接客用語

何気なく使っていた接客用語が、実は間違いだったというケースはよく見られます。 間違った接客用語を使い続けると、相手に不快感を与えるだけでなく、自分や職場全体のイメージまでもが悪化してしまいます。 間違いやすい接客用語について、確認しておきましょう。